2017/06/17

HAYAMA HUT が竣工しました!


本日、HAYAMA HUT が竣工、無事にお引き渡ししました。
施工は富水の家に続いてデライトフル・小林さん、現場監督は多久田さん、大工は立花さんというチームで臨みました。

小林さんと立花さんのタッグはこれまでにも逗子の家、葉山の家、西鎌倉の家を手掛けていただいていて、もう阿吽の呼吸というか熟練の極みに到達しているのですが、今回は新入りの現場監督、多久田さんが現場を束ねるということが新しいチャレンジでした。

熟練の現場監督と新入りの現場監督では仕事のクォリティに差が出てしまうのではないかというのが一般的なクライアントの心配ではあるのですが、私は一長一短でどちらのケースも最終的にはある一定のクォリティが出せると考えています。

熟練の現場監督は様々な経験による的確な判断で確実な仕事をこなしてくれるのですが、新たなチャレンジをするときには先が見えるがゆえに安全性を重視して一歩踏み出せない側面があります。
それに対して新入りの現場監督はいろいろ新しいチャレンジを躊躇なく受け入れて一生懸命取り組んでくれる、私も思い切ったことが提案できるというメリットがあります。
今回の現場でも新しいことにいくつか取り組んでいますが、多久田さんだったから出来たということもあり、クライアントにとっても結果的によかったということがいくつもありました。


昨日ブログに書いた丁番の件ですが、この家では米松縁甲板フラッシュの玄関扉で、丁番は182−C/BF の3枚吊りです。
BF=黄銅磨き=真鍮なのですが、竣工時は金ピカですが、すぐにくすんできていい味が出てきます。


こちらは2階リビングの風抜き窓、アオリ止めは堀商店466/BFです。

こちらのお宅は、引越して少し生活感が出てきたところで、見学会を開催することを予定しています。 日程が決まりしだい、このブログで告知いたします。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F

2017/06/16

大事なのはレバーハンドルよりも丁番なんだよ


写真は自宅である8寸屋根の家の玄関。
いつもは米松縁甲板張りの玄関扉にすることが多いですが、コストを押えつつスッキリとシンプルな白い扉にしました。

著書にも書きましたが、「予算がなくても、(建具)金物だけはケチってはいけない」との教えに従い、レバーハンドルは堀商店のLBR。いつもはMCRだけど、白い扉にはこちらの方が似合いそうに感じて使ってみました。

丁番も堀商店で182−C/WB の3枚吊り。写真ではわかりにくいですが、この丁番は板厚が5ミリもあるとんでもなく頑丈な造りです。N設計室・永田さんから教わったのは、「大事なのはレバーハンドルよりも丁番なんだよ」とのことでした。
なるほど、長い年月にわたって毎日開け閉めする部位なので、安心感のあるものを選びたいですね。


こちらは堀商店の松澤さん。最近ときどき私の事務所に営業に来られています。著書の執筆時には、いろいろと情報提供してもらい助けていただきました。
昨日はMCSという小さくてかわいいレバーハンドルで、長い間廃番になっていた真鍮のタイプが復活したとのことで現物を見せていただきました。

このレバーハンドルは、定かではありませんが55年以上前には発売されていたもので、吉村順三さんの軽井沢の山荘でも室内の扉で使われていました。
ステンレス製のものはこれまでもあり、私も月見台のある家、西鎌倉の家、茨木の家、富水の家などで使ってきましたが、真鍮も機会があれば使ってみたいと思っています。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

2017/05/08

設計事例をアップしました


ゴールデンウィーク終わってしまいましたね。
私は、娘の陸上の大会に付き添いで出掛けたり、友人のライブを見に行った以外は、久しぶりにゆっくりと過ごせた連休でした。
連休後半はたまっていたブログの設計事例のまとめ作業。
5軒アップしましたので、右サイドバーあるいは下の写真をクリックしてご覧ください。


茨木の家 UPDATE!!
茨木の家

稲口町の家2 UPDATE!!
稲口町の家2
西鎌倉の家リノベーション UPDATE!!
西鎌倉の家リノベーション
稲口町の家1 UPDATE!!
稲口町の家1
河津の家 UPDATE!!
河津の家



徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON

2017/05/07

稲口町の家2

炎を愉しむゼロエネルギー住宅(ZEH)


「稲口町の家1」が竣工して2年後、となりの敷地に、同じく空気集熱式床暖房「そよ風」を装備したゼロエネルギー住宅(ZEH)「稲口町の家2」が竣工しました。
ペレットストーブを中心に、吹抜けを介して家全体に空気が循環する家です。
キッチンはアイランド型のオープンキッチンとし、コンロと冷蔵庫部分は3枚の引込み戸で隠すことができ、大きなリビング・ダイニングのワンルームとなります。
2階には納戸の奥のミニ書斎や、ロフトへ上る箱階段など楽しく住まうためのディテールを散りばめました。

所在地:愛知県春日井市
構造・規模:木造 2階建
竣工年月:2015年12月
敷地面積:134.19m2(40.59坪)
建築面積:68.53m2(20.73坪)
延床面積:110.61m2(33.46坪)
設計:徳田英和設計事務所
施工:和工務店

写真:そあスタジオ(写真クリックで拡大します)















 



「稲口町の家1・2」はパッシブデザインコンペ 2016特別賞を受賞しました。
また、著書「読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(オーム社)」のなかで、
・コンロが仕舞えるオープンキッチン
・準防火でも大開口
・納戸の奥のミニ書斎
のほか、実作で読み解くディテールで7ページにわたって紹介しています。

「稲口町の家2」についてのブログ記事はコチラ。



「稲口町の家2」は現在販売中です。

 

http://www.zeroenergy-house.com/


和工務店のスペシャルサイト「和らぎの家」にて、パッシブデザインの解説やその検証などを詳しく紹介していますので、ぜひご参照ください。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON

2017/05/06

西鎌倉の家リノベーション

気兼ねなく住まえる二世帯住宅へのリノベーション


クライアントご夫婦の奥様が生まれ育った築42年のご実家を全面リフォームして、
ご両親と同居する大人4人のための二世帯住宅です。
ご要望により玄関と浴室は共用とし、1階の親世帯部分はバリアフリー化。
和室→トイレ→洗面→階段ホール→広間と廻れるプランとしています。ゆったりと
した洗濯室・物干しスペースを設け将来介護が必要になったときの使いやすさを考
えました。
2階は一部柱を取り払い子世帯のためのリビングダイニング空間としています。
世帯間で生活時間帯の違いがあるので、ご両親の寝室の上部に生活音の出る部屋を
重ねないようにして、お互い気兼ねなく生活できるよう配慮しました。
2階広間の片隅に設けた「一帖半の昼寝室+掘りゴタツ式ミニ書斎」は奥様が日常
エッセイを書いたりミシンを使う場所ですが、階段側に設けた小窓から親世帯の気
配を少しだけ感じられるようにしています。

所在地:神奈川県鎌倉市
構造・規模:木造 2階建
竣工年月:2014年10月
敷地面積:195.41m2(59.11坪)
建築面積:66.67m2(20.17坪)
延床面積:109.31m2(33.07坪)
設計:徳田英和設計事務所
施工:安池建設工業

写真:安川千秋(写真クリックで拡大します)














 改修前の写真:徳田英和







「西鎌倉の家」は『日経アーキテクチュア 2014年12月10日号 住宅特集 リノベーション 成長期の作法』に掲載、表紙に採用されました。
また、著書「読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(オーム社)」のなかで、
・1帖半の昼寝室
・格子網戸で風通し
などのディテールを紹介しています。

西鎌倉の家」についてのブログ記事はコチラ。



徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON